Location:トップページ > 商品のご案内 > 和型墓石

和型の墓石

和型墓石

 江戸時代から広く使われている伝統的な墓石です。
現在も日本の墓地の多くはこの和型です。一番上に家名などを彫る棹石、次いで上石台、中石台、そして一番下に芝石(下石台)といわれる敷石をを置いた四段構造(和型四段構造)、あるいは敷石を置かない三段構造(和型三段構造)が基本構造です。

 和型墓石が現在も日本のお墓で最もポピュラーであり、主流であるのは、見た目も安定感があって美しく、さらには昔からのお墓という親しみやすさがあるからでしょう。

しかし時代とともに和型墓石も様々な加工が加えられ、最近は伝統的な外観ながらも充実感のある造りになってきています。

和型墓の基本構造(例)

和型墓の基本構造

様々な和型墓石

  • 寺町ドットコム

    やすらぎの街として人気の烏山寺町。
    この地で久遠の菩提寺をお探しになりませんか?
    私共、大久保石材店が責任をもってご案内いたします。

  • 最新墓地情報

    お墓をお探しの方へ世田谷区、調布市のゴチ情報をご案内しております。

  • お墓のご説明

    時代の移り変わりとともに多様化するお墓に対する考え方や形。現在多く見られる和型墓と、近年増えている洋型墓の構成や寸法などをご説明いたします。

  • お問い合わせはこちらから
  • スタッフ紹介
  • カタログ差し上げております
電話でのお問い合わせは0120-522-148